笑顔の4人組

痛風に最適な食事で病気を治療|栄養管理をして体を健康にしよう

40代過ぎて起こる症状に

瓶に入った生薬

ホルモン分泌の減少

40代半ばから50代半ばの時期を更年期と呼びます。特に女性は、そのころから卵巣機能が低下し始めて、女性ホルモンの分泌が減少していきます。それによりホルモンバランスが乱れ、さまざまな不調が起こることが多いです。これを更年期障害と呼びます。更年期障害の症状は個人差がありますが、イライラや抑うつ、不安、不眠など精神的な症状から、動機や発汗、ホットフラッシュ、肩こりや食欲不振、むくみといった身体的な症状まで種類は数多くあります。症状の度合いも違い、自覚症状のない人もいます。病院で検査をして、更年期障害と診断されるとホルモン補充療法や漢方薬などの処方が行われます。最近は漢方に詳しい病院も多く、漢方薬を処方している病院をネットで検索できるサイトもあります。今後も人気となっていくと考えられます。

特徴や効果は

漢方薬の特徴は、複数の症状に対して効果があらわれることです。基本的に、個々の体質や体格などに合わせて処方されるので、効能が合うと高い効果が得られるといえます。ただ、処方された漢方が合わなかった場合は、他の漢方薬に切り替える必要があります。ですから、理想なのは漢方専門の医療機関で処方してもらうことです。より個々に合った薬を処方してくれる可能性が高まります。保険適用内の漢方薬もあります。また、漢方専門の薬局は一般的な薬局よりは自分に合った処方をされることが期待できます。一般的な薬局やドラッグストアで取り扱っている医薬品として売られている漢方薬は、生薬は同じでも配合量が少なめなので、漢方薬初心者にはスタートしやすいでしょう。効能を体感するためには、一定期間は継続して飲むという意志が大切です。

Copyright© 2016 痛風に最適な食事で病気を治療|栄養管理をして体を健康にしよう All Rights Reserved.