笑顔の4人組

痛風に最適な食事で病気を治療|栄養管理をして体を健康にしよう

3つを確認し正しく選ぼう

治療薬

安全性を確認しよう

DHAとEPAは、青魚に多く含まれている成分です。生活習慣病を予防する効果があるほか、最近の研究により認知症にも効果があることが分かっています。健康成分として非常に重要な成分ですが、現代の日本人には圧倒的に不足していると言われています。青魚を食べていると思われている高齢者層でもDHAとEPAは不足しており、サプリメントで補うことが重要となっています。DHAとEPAが配合されたサプリメントを選ぶ際には、3つのポイントで比較するようにしましょう。1つ目の比較ポイントが安全性です。いくら健康に効果があるとは言え、安全性が低ければ健康を害する恐れがあります。GMP認定工場で製造されているかを確認し、サプリメントを選びましょう。

400mgが最低基準

DHAとEPAが配合されたサプリメントの2つ目の比較ポイントが配合量です。厚生労働省は、1日に1000mgのDHAとEPAの摂取を推奨しています。毎日青魚を食べていない方は、1000mgをサプリメントで補う必要があります。そのため、なるべく配合量が多いサプリメントを選ぶことが重要です。少なくともサプリメントで400mgは摂りたいため、400mgを最低基準にするといいでしょう。3つ目の比較ポイントが酸化防止処理です。魚介類は鮮度が命です。それはサプリメントに配合されるDHAとEPAにも同様のことが言えます。どのような方法で酸化防止がされているかを確認することで、新鮮なDHAとEPAを毎日摂取できます。

Copyright© 2016 痛風に最適な食事で病気を治療|栄養管理をして体を健康にしよう All Rights Reserved.